スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リシア水景その後の推移

最近ずっとネタにしている60cmリシアレイアウトですがちまちま小出しにするのが面倒くさくなってきたので1ヶ月分まとめていきます。

約1週間後
まずセット約1週間後。
特に問題なし。
初めてNewアマゾニア使いましたが水の黄ばみ等はありませんでした。
アマゾニアだとやった方がいいとされる集中換水もやっていません。
というか集中換水自体今までやったことないです。

パールグラス
パールグラスは伸びた分を切り植えして勢力拡大中。

約2週間後
続いて約2週間後。
ぼちぼちリシアのスイッチが入ってきました。

パールグラス
パールグラスは尚も切り植えで勢力拡大中。
ただのパールグラスなので横に増えてはいません。

インディアンクラッスラ
たった数本植えておいただけのインディアンクラッスラのスイッチが入り茂みになってきました。
90cmに入れといたときは全く育たなかったのが嘘のよう。
有茎のくせにメタハラで這うし密生するしよくわからん。
要大光量?

約3週間後
3週間後。
大体形は出来上がってきました。

パールグラス
パールグラスの密度もやっとここまできました。
思えば一番キレイな頃だったかも、、、

インディアンクラッスラ
インディアンクラッスラは横伸びから縦伸びに。

オークロ
オーストラリアンドワーフヒドロコティレ
抜けまくり、浮きまくりのせいでほとんど変化なし。
多少新芽が出ていますが成長悪い悪い。

上から
上から。
石で見えていませんが右奥のインディアンクラッスラもモサモサになってます。

パールグラストリミング
パールグラストリミング
成長早いもんだから直ぐトリミングしないと根元が枯れて汚くなってしまうのでバッサリ。
最初の頃は1本1本根元で切ってましたがもう量が量なのでハサミねかせてジョキジョキ切ってます。

週一トリミング必須&水槽端がいつも切りカスだらけ。
管理が超面倒なドM水槽となりました。
しかもリシアが使い古しの為汚くなってきたしか肝心のオークロが全く茂みにならないという三重苦。

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

tag : リシア パールグラス インディアンクラッスラ オーストラリアンドワーフヒドロコティレ NEWアマゾニア

リシア水景リセットPart4

最近めっきり寒くなりましたね。
愛知でも夜暖房が欲しいようないらないような微妙な肌寒さです。

自分もやっちまったのか最近咳がとまりません。
ひたすらのど飴舐めてます。

秋の夜長もいいですが体調にはお気を付けください。


前回の記事で水草はパールグラスのみ植栽。
他の水草は購入してはいましたが手元に来る前にリセットを敢行してしまったのでおあずけ状態。

AquaRevue60cmレイアウト
前回チラッと書きましたが今回のレイアウトはこれを参考にしました。
えぇ、Aqua Revueさんのレイアウトです。
左のオークロのこんもりといいパールグラスの絨毯といいかなり刺激を受けたんで真似させていただきました。

購入物
その後購入していたものが届きました。
いつも大体は近所のショップかチャームですが今回初めて新しい所を使いました。
名前はあえて伏せますが京都のお店でチャームで買うより全然安いです。
大体半額かそれ以下で大抵のものが揃います。
ただ一つ問題は安すぎてなかなか送料無料にならないとこ。
300円とかの水草だけで5,000円以上買う人はそういないのでは?

中身
袋開封
ちなみに上の状態で更に箱梱包。
チャームのように発泡スチロールがたまる心配なしです。

ピピバラ、ブリクサ
中身はエレオカリス・ピピバラ、ブリクサ・ショートリーフ

テネルス、オークロ
エキノドルス・テネルス、オーストラリアン・ドワーフヒドロコティレ
色々買ってますが今回欲しかったのはオークロだけで残りは90cm用だったりします。

リシア
今回もリシア使用。
前回かっらとっておいたものをストーンに100均釣糸で巻き付けます。

植栽
んでイン。

わかりにくいですが上記で名前出した意外に左2コ目の石の後ろと右側の後景にインディアンクラッスラが植栽してあります。
あと伸びては切って植えしてるんで地味にパールグラスは増えてます。

目指せ一番上の写真w


めちゃめちゃ余談なんですがA型 B型 O型 AB型が一人ずついた時の会話ってのがなかなかおもしろかったです。

その中の掃除の仕方編
A:ほぼ以前と同じ配置にする、掃除の後落ち着かない
B:物を減らさないので片付けた感じがしない、捨て下手
O:要らない物入れ専用の部屋にどんどん物を入れる
AB:ついでに模様替えをする、飽きたら途中でも終了

90cmのヘアーグラスが傷んできたのでバッサリいったら巨大化したブリクサが気になってうっかり抜いてしまいレイアウト半壊。
とりあえず水換え等の応急処置はしましたがシンプルに戻すかガッツリ有茎でも植えてやろうか決めかねて現在放置中。

自分はやっぱりAB型だなぁと思いました。


B「おいやっぱりカラオケいこうぜ!」

A「ボーリングいくって言ってただろ」

O「まぁ落ち着けよ、ABはどうしたい?」

AB「あ、俺帰るわ」

これとか割とガチw

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村



tag : リシア ブリクサショートリーフ エレオカリス・ビビパラ オーストラリアンドワーフヒドロコティレ エキノドルス・テネルス パールグラス インディアンクラッスラ

リシア水景リセットPart3

リセット記事第3段です。

注水
前回レイアウトは組んだので次は注水です。
注水する際は空になったソイルの袋などを置いてその上から水を入れていけばせっかくのレイアウトが崩れたり水が極端に濁ったりするのを防ぐことができます。

この時自分は完全に忘れていて後でシマッタ!と思ったんですが注水作業の前にソイル表面を霧吹きで湿らせておくのも舞い上がり防止に効果的です。

ゴミ
注水完了
新品ソイル恒例の木くず等のゴミが浮いております。
普通の人は植栽しやすい高さまでしか水をいれませんが自分はいつも関係なしに上まで注水します。
理由?
面倒くさいからですけど何か?w

ソイルが、、、
上のゴミはネットで全部すくいとった後なのですが今度はパウダーソイルが空気で浮いてきた。
面倒くさいですが翌日くらいまで見つけてはピンセットで混ぜたりして沈めまくりました。

ちなみに上の注水方法だったせいもあるのでしょうがご覧の通り結構な透明度です。
少し前?のアマゾニアは黄ばみがすごいという話があったのでどうなのかと思っていましたが現在立上げ4ヶ月目で全く問題なしです。

こんなに盛ってしまった
前回も横からは載せましたが写真あったので一応遠目も。
実は一番高いところは半分くらいまでいってたってゆう。

パールグラス植栽
唐突に器具設置&生体投入&植栽
新規立上げならここで生体投入はタブーですがリセットなので90cmに退避させてたフィルターと生体をサクっと戻しました。

水草は購入品が手元に届く前にリセットを敢行してしまったのでまだパールグラスのみ。
パールグラスは大量に必要な為、1ポット分を細かくバラして植栽してあります。
でもまだまだ全然足りないので本気で前のレイアウトのパールグラスとっておけばよかったと後悔、、、

上にチラッと写っていますが夏頃にAqua Revueさんに行ったっことがある方は自分がやりたいことがわかるかも?

to be continued...

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

tag : NEWアマゾニア 龍王石 パールグラス ポピーグラス

Aqua Revue激撮-その6(オーストラリアンドワーフヒドロコティレレイアウト)

愛知県安城市にあるADA特約店、Aqua Revueさんの特集6回目!
ただのショップ紹介なのに6回目ってw

スイマセン、リアルに写真80枚くらいあるんです↓


今回から店内のレイアウト水槽の紹介に入りますが量的に今日お見せするのは自分が一番気に入っているレイアウト1つだけになります。


みなさんはオーストラリアンドワーフヒドロコティレという水草をご存知でしょうか??
別名をオーストラリアン・ウォータークローバ、オーストラリアンミニノチドメなどど言い、略称は主にオークロと呼ばれるその名のとおりクローバの形をした下草です。
ADAのカレンダーをお持ちの方は今まさにその絵柄だと思います。
横に這う性質を持ちグロッソスティグマより浮いた絨緞?を作ることができる水草ですが成長が早く、使うのがやや難しいという一面もあるようです。

あとはパールグラス。
パールグラスといえばトリミングにも強く、中、後景で大活躍してくれる使用頻度の高い水草の一つだと思います。


この2つを



Aqua Revueの店長さんがレイアウトに使うとこうなるんです!!



AquaRevue60cmレイアウト
60×30×36

AquaRevue60cmレイアウト2
ちょっと引いて斜めから。

オーストラリアンドワーフヒドロコティレ
上で書いたオーストラリアンドワーフヒドロコティレ。
本来は横に這うように広がる水草ですが他の下草同様、横にいけなくなると折り重なって上に伸びるそうです。
何層にも折り重なって後景を作っています。
写真に所々写っていますが大きな気泡を着けやすい草でもあります。

パールグラス
中心の絨毯はキューバではなくノーマルのパールグラス。
本来は中、後景に使われることが多い草ですがあえての前景活用。
ビッシリと生え揃っており、本当にキューバパールの絨毯をそのまま大きくしたようなイメージです。

オーストラリアンドワーフヒドロコティレ&パールグラス
オーストラリアンドワーフヒドロコティレとパールグラスの境界線。

リシア
リシアも気泡つきまくり。
ただ下の画像に比べるとこの部分だけ違和感。
バッコン?

リシア&オーストラリアンドワーフヒドロコティレ
オーストラリアンドワーフヒドロコティレとリシアの混ざり合った部分。
気泡がつくもの同士で見た目の相性はなかなか。
ただオーストラリアンドワーフヒドロコティレは根張りが極端に弱いのでリシアのバッコンでレイアウト崩壊の危険性は大。

AquaRevue60cmレイアウト3
中景の石とリシアの山、後景のオーストラリアンドワーフヒドロコティレの山、低く維持したパールグラス絨毯のからの奥行き。
どうでしょうか??
自分的にはかなり衝撃を受けたレイアウトでした。

ディープレッドホタルテトラ
ちなみに当然これも販売水槽で販売生体はディープレッドホタルテトラ。
メンテナンス用にヤマト、ミナミもいます。
これ見てディープレッドホタルめっちゃ欲しくなりましたww
1匹360円だそうです、、、(泣)

キューブキャビネット
水槽台も凄い!
全部ガラス製のキューブキャビネットです。
CO2フル装備のタワーだしフィルターはスーパージェット、照明もソーラーだし、、、
総額おいくら?ww

トリミング後
トリミング後。
1ヶ月後に行ったら案の定リシアが寿命だったのかトリミングされてて随分スッキリになっていました。
でもなぜか右上のリシアはそのままw

トリミング後2
左にあったリシア山はモスになってますね。

トリミング後3
パレングラスの気泡キレイだな~。
ではなくて

このレイアウト見てオーストラリアンドワーフヒドロコティレに興味津々なのです。


現在このレイアウトに触発されて60cmで新たなリシア水景制作中。


余談ですが最近ブログ順位がなかなか良いです。
昨日更新サボったせいで少し落ちましたが自己ベスト更新中です☆
これもAquaRevueさんの御陰ですねw

目指せFCブログ順位1桁、ブログ村順位(OUT)1位ww


追記
Aqua Revueさんは今日から14日までセールです。
話題の陶器水槽の販売、プラントグラスの中古品半額販売、アマゾニアの20パーOFFやってます。
陶器水槽は小鉢みたいなのなら350円で売ってましたよ。
自分はジャーナル買うついでにちゃっかりアマゾニアのパウダー9リットル約1,000引きで買ってきましたw

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

tag : ADA AquaRevue オーストラリアンドワーフヒドロコティレ パールグラス リシア

60cmプチリセット(タンクデータ追記)

前回(仮)レイアウトで終わりました60cmリシアレイアウトの続編です。

1週間後
とりあえず普通に1週間後です。

1週間後2
1週間後3
1週間後4
気泡も満遍なくついてリシアは好調な滑り出し。

ただ一つ懸念。
気泡がつくから自分的にはよしとしていますが実際にリシアを育てたことがある、店頭のディスプレイ水槽でリシアレイアウトを見たことがある方は分かると思いますが家のリシア全体的に太いです。、ゴワゴワしてます。
以前、気になってAqua Revueの店長さんに聞いてみたんですが井戸水を使ってることや富栄養化しすぎが原因ではないかとのことでした。
自分的にはディスプレイ水槽のような細く長い繊細なリシアがいいんですが家の環境では無理っぽいです。

ので、気泡が好きなので何度も記事にして写真も載せてますが本来の姿?とちょっと違うっていうのをご理解願いたいです。

さて続き。

11日後
さらに4日後。
これと言って変化はないですがなんか浮いてますよね?

正体は、、、

ドワーフリシアは哀れな姿
産卵箱に入ったドワーフリシア。
以前サテライトに入れてたアレです。
リシアは寒さに弱いらしく冬の保温なし光だけ環境ではこんな無残な姿になってしまいました。
買ったときはある程度の塊だったんですが枯れて変色するはバラバラの苔だらけ。

ドワーフリシアイン
とりあえず応急処置で水槽内に浮かべてたんですがレイアウト変更↓に伴い水槽内入れてみました。
弱ってるせいかミナミがめちゃめちゃたかってます。

バブルモス
追加物、バブルモス。
モスのくせに高光量・CO2環境を作ってやるとボコボコ気泡をつけるということでリシアと有茎の緩衝役として溶岩石に巻いてみました。

キューバ
キューバパール。
一応前回からあったんですが化粧砂の手入れがめんどかったのとこの構図で前一列だけ化粧砂というのに違和感バリバリだったのでパウダーソイルに植え替え。

プチリセット
変更点は上記の3点。

化粧砂部分をやめたリシアレイアウト(仮)バージョンです。

<タンクデータ>
水槽: キューブガーデン 60×30×36
照明: ファンネル2 8000K 17時~23時 6時間
水槽との距離:約35cm
CO2: 1秒/3~4滴 16時30分~21時 4時間30分
夜間エアレーション: 消灯後~朝7時まで
フィルター: テトラバリューエックス75
排水: バイオレットグラス
吸水: 自家製なんちゃってリリィ
底床: 水草一番サンドノーマルの上に同パウダー
<水草>
リシア
ドワーフリシア
キューバパールグラス
パールグラス
ラージパールグラス
ロタラ・インディカ
バブルモス
グレートモス
バリスネリア・ナナ
<生体>
グリーンネオンテトラ
チェリーバルブ
ペンシルフィッシュ
ブラックモーリー
バルーンプリステラ
サイヤミーズ・フライングフォックス
オトシンクルス・ネグロ
ミナミヌマエビ

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

tag : チェリーバルブ ADA リシア ファンネル2 キューバパールグラス グリーンネオン ドワーフリシア ロタラ・インディカ パールグラス ラージパールグラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。