スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々・陰性レイアウト

前回陰性レイアウト(仮)をお披露目しましたがその後色々と改良を加えました。
まず彼女のアドバイスにより背景が黒になってます。

DSC01954.jpg
次にこの赤丸の空間が違和感だったので

DSC01961.jpg
Revueさんで新たにブランチウッドを買ってきました。
以前書いた方法でアク抜きし今回は簡単に沈めることに成功。

ちなみに背景の黒はバックスクリーンではなくただの黒画用紙による仮処置。
100均のA4用紙を3枚重ねて固定してあるだけですが意外と気にならなかったり。

DSC01962.jpg
水草も追加。
アホなミスをしでかしてしまったために手持ち唯一のボルビがボロボロになってしまったのでチャームにて新たに2ポット購入。
前のものはwsabiで購入でしたがトロピカだったので見栄張って今回もトロピカに。
ウィローモスはwasabiで購入したものが貧弱すぎて巻きつけたものがどんどん枯れだしたので交換用。
ウェンティブラウンは緑単色に変化を加えるためでアヌビアスプチはもう少しあった方がいいかな程度のオマケで注文。

DSC01958.jpg
ウィローモスを巻き直すにあたり、過去に自分の水槽は巻きつけた糸が全く溶けないと書いたことについて触れます。
左からミシン糸、手縫い用糸です。
恥ずかしい話ですが以前まで自分は左のミシン糸でモスを巻きつけていました。

DSC01959.jpg
でもミシンの成分は木綿ではなく
ポリエステル

はい、溶けるわけありません。

糸を探していて丁度いい感じの緑だし量もいっぱいあるからこれでいいじゃん♪とよく見もせず手にとったのが運のつき。

DSC01960.jpg
ということでウィローモスは改めて綿100%の手縫い糸で全て巻き直しました。

裁縫には詳しくないのでミシン糸でもちゃんと木綿があるのかとかわかりませんが自分と同じミスはしてほしくないので表示にはご注意を。

DSC01963.jpg
せっかくチャームで買い物をしたので新兵器導入。
グリーンPETタイ。
まぁ要するにコードとかにねじって使うビニタイです。
ADAからシダ類の固定用にウッドタイトなるものが出てますがその黒い版ってとこです。
本家が10m巻きで609円に対して3倍の30m巻きで300円というコスパの良さ。

DSC01964.jpg
本家もそうですがカッター付きなのでハサミなしで簡単にブチブチ切れます。

DSC01965.jpg
ナナプチのナチュラル・グラベル固定、ミクロソリウム・トライデントの流木固定を不安定な釣り糸からグリーンPETタイに変更しました。
ストレスなしで任意の長さに切ってねじって完了。

DSC01969.jpg
という訳で大幅な改修を経て全景(改)となりました。
ボルビがでかすぎてバランス悪いですね。
ウェンティブラウンもなんか抜けてるし、、、

右にも小島を作ろうか悩み中デス。

DSC01970.jpg
気泡のついたボルビがお気に入り!

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

tag : ボルビティス・ヒュデロッティ アヌビアス・ナナプチ クリプトコリネ・ウェンティブラウン ウィローモス 流木 ナチュラル・グラベル グリーンPETタイ

陰性レイアウトスタート(準備編)

DSC01904.jpg
命名、エビのなる木。

以前のメダカ記事で寂び石は登場しましたがコリ水槽本体はというと、、、

DSC01905.jpg
リセット待ち。
60cm水槽のリセットなんて半日もあれば終わるところですが今回はちと面倒くさい作業があるのでしばし放置。


DSC01898.jpg
次のレイアウトは陰性でいきます!

陰性と言ったら流木!!
様々な陰性水草を活着させる骨組みですね。

とりあえずイメージに近いものを2本購入してきました。

DSC01900.jpg
内1本は枝の部分だけ欲しかったので太い幹の部分と切り離します。

ちにみに今回のように幹から細くグネグネした枝が沢山生えた形状のものブランチウッド、通常の太い枝状のものをホーンウッドと呼びます。
ブランチウッドは木の根、ホーンウッドは枝らしいです。
(一応この呼び名はADA式みたいなので特約店以外で購入したものをそう呼んでいいかは不明)

そして面倒くさい作業とはアク抜き。
買ってきたばかりの流木全般は乾燥しているためそのままでは水に浮かんでしまいレイアウトに使えません。
また、沈んだとしてもちゃんと処理しないとアクが染み出してきて水が茶色くなってしまいます。

何日か水につけておくと勝手に沈むんですが時間かけたくない人は熱湯で煮るのが一番手っ取り早いです。
鍋でグツグツ煮るとよく聞きますが実際厳しくないですか?
そんな都合のいいでかい鍋ないだとかそもそも奥さんの許可がでないとか意外と困るところ。

DSC01901.jpg
自分はネットで生体買った時の発泡スチロール箱に
DSC01902.jpg
熱湯張ってフタして放置。

発泡スチロールの保温性はすごいもので多少は冷めますが完全密封なら翌日でも中はまだお湯のままです。
お湯で煮てるのと同じ状態なのでだいだい1日で沈むようになります。
水も茶色くなりアク抜きも完了。

DSC01918.jpg
100均の配線用ビニールで2本を固定して、、、

DSC01919.jpg
水槽の中へ。

実は今回焦ったので大失敗。
お湯が半端に少なかったせいで幹の部分が完全に沈まず浮いてしまいました。

水草も準備してリセットする気満々でまさかの事態だったので溶岩石巻きつけて無理矢理沈んでもらいました、、、


いきなりつまずいたけど続きます。

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

tag : 流木 ボルビティス・ヒュデロッティ

コリ水槽のその後

やっぱり2月に入って気が緩みましたね。
いきなり更新がとまりましたw

愛知でも積雪がありましたし少し前の暖かさが嘘のように寒さが厳しい毎日ですが風邪などひかぬよう気を付けてください。
自分はここ数年予防接種もしなていのに運よく縁がないですがインフルエンザも流行ってますしね。

記事は前回ラン藻が発生したコリ水槽の続きです。

前回のが12月初めの事ですが今日のは1月の終わり、つまり先週の様子です。

なぜいきなり飛んだかって?
ぶっちゃけこの水槽だけほとんど放置で写真がないからです。

というかグランドソーラー使用で微妙に問題が発生しまして、、、
アクシーネクサスは39WT5蛍光灯菅6本使用で234Wと宣伝されています。
なので234W電力を使うかと思いきや本当の使用量は183W
(最近気づいたけど本体裏側隅に書いてありました。)

でもグランドソーラー250は250Wなわけですよ。

このままだと消費電力約70W+。
一時的とは言えリシアレイアウトは150Wメタハラ+ヴォルテス30W×2で210W

レイアウト水槽3つだけでヒーター600W

+その他もろもろ。

多分恐らく大丈夫だとは思いましたが安全をきしてエンゼルのベアタンクを撤去する羽目に。

そんな感じでお家を維持できなくなったエンゼルさんを仕切りで区切って居候させてたりとかで写真にとれる状態じゃなかったんです。

、ここ最近で色々変更してエンゼルさんのベアタンク復活!

張り切ってメンテを頑張りました。
先週
全体2012/01/28
トリミング直後です。
前回のラン藻でバッサリトリミングしましたが水上葉なせいか有茎の成長はかなりハイペース。

背景が白じゃなくなったの場所を移動させたからです。
以前の場所は窓に近かったため右半分がどうしてもコケやすかったので勉強机を片付けた後の空いたスペースに移動です。

ボルビティス・ヒュデロッティ
ボルビティス・ヒュデロッティ
wasabiで購入したトロピカ社産。
最初は2、3cm程の茎に葉が3枚程度からスタートして気が付けば結構増えていました。
巻きつけたのは小石以外にも勝手に2つほど小石(手前)が活着しています。
最初は全く関心がなかったんですが「あれ?こんなにキレイだったんだ!」って感じで最近お気に入りです。

モス気泡
水換え直後なのでウィローモスにも大量の気泡。
一応作ってから4ヶ月とか経つんですがモスをくくりつけた木綿糸はまだ健在。
本当に溶けるのかこれ?

寂び石
寂び石を正面から。
夏季限定商品だし情報が全くないので改めて考えると水草(しかも水上葉)がなんなのか全くわかりません。
黄緑の丸い葉が特に成長早いです。

上から
なんとなく上から。
う~ん、ヴォルテスの反射が邪魔ですね、、、

モーリー稚魚?
この水槽にはブラックモーリーのメスが1匹だけいるんですが不思議なことに稚魚が誕生しました。
え、相手は???

モーリー稚魚?
一応種類がまだ近いランプアイ辺が怪しいか?

でもランプアイ飼う前、グリーンネオンとチェリーバルブとフライングフォックスとオトシンしかいない水槽でもメス1匹だけで稚魚が産まれたことあります。

ってことはチェリーか?
はてまた想像妊娠ですか??



あ、突然ですがこのレイアウト変えます。

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

tag : 寂び石 ボルビティス・ヒュデロッティ ウィローモス ブラックモーリー アクシーネクサス906

コリ水槽新レイアウト‐初期

前回急遽ADAの窓際プランを参考にすると決めたコリ水槽。

水槽を空にし、寂び石を調達するところまで書いたのでその続きです。

準備物
今回使用した水草
左上からテンプルプラント・コンパクト、ボルビティスspベビーリーフ、ボルビティス ヒュデロティ、ウィローモス、ピグミーアコルス、ホウオウゴケです。
チャームでは扱っていないようなものもありますがまたさる京都のお店で購入。

仮組み
仮配置
寂び石は溶岩石に有茎草を活着させたものなので土台に使う石も溶岩石にしました。
ただ色んなショップで買ったせいで色、質感等バラバラです。
これはモス等である程度誤魔化します。
※空の水槽に直接石を置くと9割型傷が付くのでゴムマット等の使用をお薦めします。あと色々組み直したりもあると思いますがガラスの内側にぶつけないようにも注意。慎重にやらないと絶対後悔します!自分は4、5回ぐらいぶつけましたよ、、、orz

ホウオウゴケ
初めて手を出してみた水草その1-ホウオウゴケ
キレイに育てるとその名のとおり鳳凰の羽根のように美しい姿になるコケの一種。
モス同様、溶岩石、隙間埋め用の小石に巻きつけて使いました。

配置
作業後の溶岩石をとりあえず配置し直してみる
石組みの微妙に面倒くさいところは前の配置を記録にでも残しとこないと元に戻せないとこですよね。
ボルビティスspベビーリーフも小石に巻きつけたり隙間に突っ込んだりで配置。
実は前にも一度買ったことがあるんですがそのときは速攻シダ病でお亡くなりになったので一応リベンジです。

ナイルサンド
今回底床に選んだのはナイルサンド
初めて60cmで化粧砂の敷き分けレイアウトを作ったときはメコンサンドを使用しました。
その時も本当はナイルサンドが欲しかったんですが売切れていたためしかたなくメコンサンドを使用したという経緯があります。
なので今回は絶対にナイルサンドと決めていました。
理由は色がカッコイイから。

正直な話、コリドラスの底床で理想はボトムサンドのようなパウダー系なのでしょうがボトムサンドはどうしてもあの色が好きになれないんです。
ナイルサンドは粒も不揃いだし角も鋭いものが混じっていてとてもコリドラスに向いているとは言えませんが最低限の配慮としてふるいにかけて危なそうな粒だけ取り除いて使用としました。

一応ヒゲが切れる等コリたちに異変が起きた場合は大人しくボトムサンドに変更するつもりです。

化粧砂セット
ナイルサンド投入&残りの水草植栽
石の根元のでかい葉は初めてその2-テンプルプラント・コンパクト
なんかワンポイントがあった方がいいかと思いお店の画像だけで決めましたが予想外にでかかったです。
ボルビティス ヒュデロティは送料無料にするためにノリで購入したものなので配置も適当、、、

注水
種水100%で注水
ボルビティス ヒュデロティの後ろにあるのは初めてその3-ピグミーアコルス
テラリウム向けで水辺を再現できると説明にあったのですがこちらは思ったより短かった、、、
後で知りましたが高光量を好むそうです。

斜め
斜め上から

上
上から
照明は以前と同じくヴォルテス×2灯です。

フィルター設置
プラントフィルターだけでいくのはまず無理なのでとりあえず家にあったGEXのコーナーフィルターを設置してみました。
水位は半分ないくらいですがコーナーフィルターのシャワーパイプとジャスト。
白系の化粧砂にしたおかげか底には水流の揺らめきもできました。

コリドラスたち
こんな感じで新レイアウト生活スタートです。

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


tag : 寂び石 溶岩石 ホウオウゴケ ウィローモス ボルビティスsp.ベビーリーフ ボルビティス・ヒュデロッティ ピグミーアコルス テンプルプラント・コンパクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。