スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後の陰性レイアウト

お久しぶりです!

2ヶ月ぐらい丸々放置していましたが生きてます!

転職したり色々忙しかったり怠けてたりでブログを開きもしない日々が続きましたがなんとか徐々にでもペースを戻していきたいと思いますので以前絡みのあった方々はまたお付き合いをお願い致しますm(_ _)m


さて以前の更新が4月の最初の週。
内容が2月の頭に制作した陰性レイアウトの手直しでした。

気づいたらあっという間に4ヶ月経ってた訳ですがとりあえず4月までの様子を書きたいと思います。

DSC02114.jpg
白砂の末路。
陰性の濃い緑と白砂のコンストラストは大変美しいですが、、、

1週間でこうなります。

魚のも混じっているのでしょうがエビのフンが半端ないです。
一応毎週毎週吸い出してましたが全部は無理という妥協でどんどん処理が追いつかなくなっていきます。

DSC02116.jpg
追い打ちをかけるように灰色の気持ち悪いヌルヌルしたコケが大発生。

DSC02118.jpg
奥の有茎用に使ったソイルの栄養が余りまくってたのとコリ、ドワーフボーシャに例の方法で乾燥イトミミズを与えまくっていたのが原因ですね。

DSC02122.jpg
溶岩石に巻いたモスなんてアオミドロみたいなのでモサモサでした。

DSC02197.jpg
吸水パイプ、ヒーターは黒ヒゲまみれ。
この水槽にはフライングフォックスは入れていませんでしたがここまで派手に黒ヒゲが出たのは初めてです。

DSC02198.jpg
半ば崩壊していたので4月頭に立て直しを決行!
パイプ、ヒーター類は全て塩素、熱湯掃除。
白砂も自分的に限界がきていたので名残惜しいですが撤去しました。


コケの激しい水草はポイ、ナチュラル・グラベルは汚い部分のみ取り出し木酢液につけ置きして戻しています。
ナチュラル・グラベルはLサイズのみでは土どめとして不十分だったのでSサイズも追加。

DSC02201.jpg
白砂の代わりにナイルサンドを敷いて完了。

DSC02239.jpg
濾過もパワーアップ。
この水槽の濾過は元々エーハイム500のみでしたがフィルターの掃除をした際、インペラーが壊れたらしく異音が凄かったのでもう一台エーハイム500を買いました。
元からあった方に新品のモーターヘッドをつけてサブとして新しい本体にブラックホールをぶち込んであるので当分はこのままで大丈夫かと思います。

DSC02213.jpg
5月になる前の最後の様子。
5月は気づいたら1枚も写真がありませんでした(汗)

コケもすっかり消えてこんな感じでなんとか立て直しは完了!


ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

tag : ナイルサンド 白砂 ナチュラル・グラベル 黒ヒゲ エーハイム500

黒ヒゲをブッ倒せ!!

ついにうちにもヤツが来ました。

数いるコケ取り生体たちが(ほぼ)絶対に食べない

アクアリスト最大にして最強の敵、黒髭苔!!

前々から60cm水槽にあるのは知ってて特に目立って増殖してる気配もなかったので見ないふりしてたんですが、、、

石と流木を入れ替えた後ぐらいから90cm水槽でも見かけるように、、、

しかも

ヘアーグラスに黒ヒゲが!!
ヘアーグラスについとる!!
分かりにくくてごめんなさい、画像中央のヘアーグラスの先にタンポポ綿毛みたいになってるやつです。
これが所々にあります。
とりあえず見つけたら1本1本ハサミで切って除去してしのいでます↓

動く公害と化した石巻貝
こちらは60cm水槽の石巻貝くん。
一見何ともないように見えますがよく見ると貝殻に黒ヒゲつきまくりです。
この体であちこち移動してんだから困り者。


今まではまぁまだなんとかなるだろとか先延ばしにしてきましたがよくよく両水槽を見直してみると随所随所で割と残念な感じなってました。

よって

木酢処理開始
コイツの出番です。
写真はホームセンターで買った1.5リットル入りの木酢液。
木酢液とは本来薄めて園芸用の肥料に使います。
が、薄めずに使うと強すぎて植物の細胞を壊してしまうのでそれを利用してアクアでは黒ヒゲ退治に用いられます。

見てわかる通り、既にもう何度か使ってますw

木酢処理開始2
普通は黒ヒゲの生えてしまった水草やレイアウト物を取り出して筆などを使い黒ヒゲに直接塗ります。
 (※水草に生えた黒ヒゲの場合はトリミングで捨ててしまうかかなり薄めた状態で使用。)
それが無理な石組だったりレイアウト物が取り出せない状態のときはスポイト等を使って水槽内で直接噴射します。

石巻貝、木酢処理後(ミナミヌマエビ)
石巻貝の木酢処理後。ミナミヌマエビ
木酢をかけられた黒ヒゲは赤茶色く変色しエビなどのコケ取り生体たちが食べるようになります。
石巻貝、木酢処理後(サイヤミーズ・フライングフォックス)
石巻貝の木酢処理後。サイアミーズ・フライングフォックス
こいつはほんとに仕事してるようなしてないような、、、(謎)

ヒーターセンサーも黒ヒゲまみれ
ヒーターのセンサーも黒ヒゲまみれです。
以前一度処理したんですが不十分だったみたいなので2度目。
木酢にイン
以前は木酢を染み込ませたティッシュで軽く拭いただけだったので今回は原液に。
ヒーターセンサー木酢処理後
見事なまでに真っ赤ですw(汗)
ヒーターセンサー木酢処理後2
同じ様に処理した温度計のセンサーと。
もうエビが来てますねw
石にはダイレクト
石に着いた黒ヒゲはスポイトで原液ダイレクト噴射してます。
ホントはあんまやらない方がいいらしいんですが噴射した瞬間から薄まるし処理後に水換えをすれば特に問題はないらしいです。

問題があるとすれば
・原液と言えども直ぐ拡散し薄まってしまうので効果が薄い
  →日を改めて2、3回やらないと黒ヒゲが完全に死なないのでエビが食べない
・効果は薄いけど水草には割と致命的
  →キューバパールに着いた黒ヒゲにも原液噴射しましたが先にキューバパールが死亡しました。
・水槽が木酢臭い
  →木酢使う時点で部屋も若干臭くなるが水槽内にダイレクトだと若干後引くかも

こんな感じで最近格闘中↓

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

tag : 化粧砂 黒ヒゲ 木酢液

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。