スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後のお買い物とADAへの愚痴

今年も残すところあと数時間となりましたね。

今年は転職により生活リズムが変わったことでブログの更新が一気に滞ってしまいました。

リンクの皆さんのところにもほとんど顔を出すことができず申し訳ありません。

一年を振り返ると90cm水槽を入れ替えたり初めて世界レイコンに出品してみたり、色んな方々と交流があったりと今年も色々なことがありました。

そんな2012年ですが最後に自分へのご褒美ってことでこんなものを買ってしまいました。

DSC02418.jpg
マルチボトムロング
パレングラス・ビートル 40Ф

マルチボトムロングはついでです。
(ホント言うと取り寄せてもらったので衝動買いのパレングラスがついでだったり)
通常サイズに+1,000円で長さ2倍なのでコスパは絶対こっちのがいいです。
固形肥料なんで割れば100本分♪

DSC02419.jpg
お店の水槽で見てからずっと欲しかったんですがやっと購入。
今までもガラス製拡散器は使っていましたが泡が均一に出ないところに不満がありました。

パレングラスシリーズは初購入ですがジャーナルや動画で見る限り性能は良さそう。

DSC02424.jpg
早速装着。

広い拡散面から均等に細かい気泡が出ています。


一方こちらは某通販で1,000円ぐらいで買った拡散器。
右の隅から泡が出ていません。

まぁ完全に見た目の問題なんですけどね、、、
これで値段が10倍近く違うから恐ろしい。

ここからが愚痴です。

ただでさえくそ高いADA製品。

リリィパイプやパレングラスをはじめとする美しいガラス製品の愛用者もさぞ多いことでしょう。


行きつけのお店の店長さん情報なのでほぼ間違いないですが


来年辺りからガラス製品全般値上げだそうです。

理由は優秀なガラス職人さんたちが減ってきているためらしいです。


カボーションルビー
ガラス製の逆流防止弁です。
3,990円と2010年のカタログには載っていますが既に値段が5,500円に値上げされているのを知っていますか?

お店に在庫が下りてきてないものはもしかしたら次の納入時には上がるのではとおっしゃっていました。

店長さんの予測も入っているのでどのタイミングかはわかりませんが既に余兆があるのでほぼ確定っぽいです。

更に腹立つ話が製品が高い理由。(店長がADAの営業から聞いた話を記憶で書いてます)

例えば1本のリリィパイプを作るのに5本程度の失敗作ができるそうです。
その失敗作というのは性能的には問題ないが形状などの点からADAが市場には出せないと弾いたもの。
その弾いたものの単価とかも入ってるから高いそうです。

おかしくないですか?

そこは製品不良で会社が赤出すところでは?

会社のスタンスが嫌なら買わなくていいだから余計にたち悪い

他のメーカーに期待しようにもパクりだと競合相手として芽が出る前に全力で潰すし、、、


趣味としてのこだわりだしできるだけいいものをと思う消費者に真っ向から喧嘩売ってますよね。


悲しいかな、デザインや性能は他に類をみないので買わざるをえないですが
やっぱり会社としては嫌いです

DSC02433.jpg
そんな嫌いな会社の製品ほぼ一式揃えた自分もアホですね。


最後の更新がくだらない愚痴になりましたが今年一年、お世話になりました!
来年もなにとぞよろしくお願いいたします!

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

tag : ADA パレングラス・ビートル

エーハイムプロフェッショナル3e 2078レビュー

以前少し書きましたが90cm水槽をプチリセットするにあたって外部フィルターを水漏れしたバリューエックスパワーフィルター75の2台体制からエーハイムプロフェッショナル3e 2078に変更しました。

プロッフェショナル3e
昨年12月末、チャームのセール且つ、ポイント5倍の時に購入。
他に色々購入したんですが2078がでかすぎてこれ一つだけ箱が別(というか専用)でした。

プロッフェショナル3e 2078
外箱の中にはまた箱。

プロッフェショナル3e
箱の上部には基盤のカットが。
エーハイムプロフェッショナルの通常シリーズは容量が大きく、プレフィルターがついているというのが特徴ですが『e』がつくものは更にモータヘッド部にマイクロプロセッサが内蔵されていてモーターの回転数や周期を電子制御することが可能になります。

出来ることは
・コンスタントフロー(クルーズコントロール)
ろ材の汚れによって流量が低下するとそれを感知し、設定した流量が維持できるように自動的にインペラーの回転数を電子制御する。
・アウトプットコントロール(排水量制御)
最低の排水量(780リットル/h(ポンプ流量))から最大の排水量(1850リットル/h)(ポンプ流量))まで、希望する流量(コントロールパネルの流量表示ランプ単位)をセット可能。
・ストリームファンクション(パルス機能)
10秒の間隔で流量の強(1850リットル/h(ポンプ流量))、弱(780リットル/h(ポンプ流量))を繰り返す機能。熱帯魚、水草、海水魚、海洋無脊椎動物などが生息する自然環境を模した水流を再現することが可能。
・12時間バイオファンクション(12時間ごとの排水量の自動切り替え)
セットした時間から12時間ごとに最大流量と最低流量を入れ替えて運転可能。
・サービスインディケーター
コントロールパネルに触ることによりマイクロプロセッサが自動的に次のろ材の洗浄時期を表示。
・自動エアー排出機能
インペラ-付近でエアーがみを起こした場合、自動的に解消。
・エラーインディケーター
フィルター本体に何か起こった場合は、自動的にフィルターをテストして、自己(フィルター自身)解決ができない場合は、その旨をコントロールパネルに表示。

プロッフェショナル3e 2078
本体。
2078はプレフィルターと2ℓのろ材コンテナを4つ搭載し、ろ過総量は14.5ℓに及びます。
なので以前使っていたバリューエックスパワーフィルター75の2台体制より格段にろ過力はランクアップ。
ただ難を言うとその強大なろ過力を生み出すために本体がメチャメチャでかいです。
横幅26.5、高さは53cmもあります。
加えてホースがフィルター上部から伸びているのでキャビネットに入れるにはさらに上に15cmの余裕が必要。
高さのないキャビネットには入れられません。
自分はニッソーのスチールキャビネット900を使っていますがギリギリ。
ホースを横から通すためにとりあえず横向きにして設置しました。

プロッフェショナル3e 2078
マイクロプロセッサ制御用の操作パネル。
上記の操作を左のS、右の+、-ボタンの組み合わせで行います。
例えばSを長押し後に+、-同時押しでストリームファンクション等、操作が若干面倒。

ちなみに何か問題が起こった際にはパネルが点滅したりするんですがこれが結構曲者。

2078のホース径は16/22と以前使っていた通常の12/16と違うので手持ちのリリィパイプP-4、バイオレットグラスVV-2が使えない。
高いガラス器具を無駄にするわけにもいかないので異径ジョイントを使用してそのまま使おうと思ったんです。



何度やっても流量低下エラーランプがつきっぱなし。
シリコンホースの折れを直したりホースを短くしてもエラー。
ろ材がダメなのかと思いろ材を変えたり減らしたり全部空にしてもエラー。

結局、異径ジョイントを外して全部純正ホースに戻してやっと問題解決。
試してないのでわかりませんが恐らく排水側だけなら12/16に変換しても動きそうなんですが吸水側はホース細くしたら最低流量が確保できず絶対エラーになります。
また目の細かいろ材ばかり使用しても流量エラーになるようです。

総評
コンスタントフロー、アウトプットコントロールは使えるがストリームファンクション、12時間バイオファンクションは正直いらない。
いらないというか手に余るといった方が正しいかも。
どちらも最大と最低流量ででしか設定できないのが難点。
ストリームファンクションは10秒ごとに最大流量と最低流量が入れ替わる機能だが最大流量に変わるときにモーターの回転数が上がるためか一瞬モーターヘッドがフィルターの電源を入れたときのようにガカカっ、ウィーンと小さくうなります。
些細な音ですが自分はベットの真横に水槽があるので10秒ごとに音がするのは耐えられませんでした。
サービスインディケーターによるろ材の洗浄時期も純正ろ材でないためかセット初日にいきなり6ヶ月目だと表示されたのであまり意味なし。
残念ながら我が家では真価を発揮しきれず流量設定が楽なただのデカいフィルターとして運用されています。

上記の特殊機能にこだわらずプレフィルターとろ材容量が欲しいという方は『e』ではなくノーマルの方がいいかも。

DSC01868.jpg
結局ホース径が違うのでシリコンホース、ガラスパイプ等は全部買い直し。
今はまだ余裕ないので不本意ながらエーハイムの純正緑で我慢です。
ちなみにストレーナー用のパイプは長かったので6、7cm切りました。

この記事はあくまで自分の見解なので参考までに。

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

tag : エーハイムプロフェッショナル3e2078 スチールキャビネット900

グランドソーラー250とファンネル2を比較してみた

グランドソーラー250をファンネル2と比較してみました。
今回のメインは見た目の比較です。
明るさの比較は球が新品でないのでどうせなら照度計を購入してから新品同士で比較してみたいと思っているので今回はなし。
一応グランドソーラー250のレビューも兼ねてます。

ワイヤー部
まずは吊り下げワイヤーから。
この部分はソーラーⅠをはじめ、ADA照明全般に共通だと思います。

ワイヤー部
ソーラー系のワイヤーはこの止め具によって任意の長さに調節します。
持っている人はわかると思いますが手間がかかるし左右対称にするのも難しいため無茶苦茶不便です。
しかも自分のは中古なので前の持ち主がワイヤーを短く切ってしまっていました。

ワイヤー部
対してこちらはファンネル2のワイヤー。
上部には吊り下げるための輪っか部分にもネジがあります。

ワイヤー部
そして本体との接合部にワイヤー調節用金具。
ソーラー系が毎度ネジを緩めてワイヤーの長さを測ったり色々しなきゃいけないのに対してこちらは上の出っ張りを押すだけで伸縮自在。
ソーラーⅠとファンネル2はともに同じ150Wのメタハラですがデザイン無視ならこれはけっこう大きな差だと思います。

ランプ
ランプ。
さすがに250Wなだけあって150Wのものよりやや大きくゴツイです。
そして交換球の値段も2倍、、、、

反射板
ソーラーⅠの反射板はエンボス加工(ボコボコしたあれ)のようですがグランドソーラー250の反射板はご覧のようにピカピカ。

本体
鏡とまではいいませんが磨かれたキレイな金属板が4方に配置されています。


ここから大きさ比較です。
グランドソーラーのスペックは
540(W)×440(H)×100(D)
比較しているファンネル2のスペックは
260(W)×200(H)×95(D)
ちなみにソーラーⅠは360(W)×240(H)×80(D)

本体比較

本体比較

ファンネル2がソーラーⅠに対して若干小さめだとしてもこれだけ大きさが違います。

本体比較

自分が一番驚いたのが裏側比較。
ほとんど反射板ではありますが照射部がほぼ2倍!
グランドソーラーがでかいのはわかってましたがこんなに差があるとは思いませんでした。
ちなみにカタログで確認しましたがグランドソーラⅠとは照射部の形状が異なります。

再びレビュー。
本体横にスリットや廃熱口が沢山ありますが効率が良いのかファンネル2よりも発熱は少ないような気がします。
少し驚いたのが本体と安定期を結ぶコードが着脱式でした。
一度指したらなぜか抜けなくなったのであんまり意味ないですが分離できるということは配線がかなり楽になると思います。

もう一つ驚いたのがファンネル2には安定期に点灯オン/オフスイッチがあるのに対しグランドソーラーにはありませんでした。
つまりタイマー管理でない限り、点灯の管理はコンセントの抜き差しだけ。
これはソーラー系共通?

結論、いい照明だけどワイヤーと点灯スイッチが不便!

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

tag : グランドソーラー250 ファンネル2

そう言えば忘れてたもの

そう言えばミドボン用レギュレーターを購入した際についでに買っておいたものを紹介するの忘れてました。

これです。

インサートリング
インサートリング
お値段お1つ80円。

どうゆうものかと言うとCO2用のシリコン(エア)チューブの補強部品です。

アクアシステム バブルカウンター
写真はアクアシステムのバブルカウンター。
実はこれ、間違った設置の仕方をしています。
というかしていました。
このバブルカウンターは上下がワンタッチ継手になっています。
このワンタッチ継手、実は耐圧チューブしか接続してはダメなのです。

インサートリング
耐圧チューブが足りない!水槽内への接続は??今更変えんの!?

そこでこいつの出番ですよ。

inシリコンチューブ
シリコンチューブに突き刺すだけで、、、

設置後
きちんとワンタッチ継手に対応できるようになりました。

つかこのバブルカウウンターすぐ中の水なくなるんですが自分だけですかね?

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

油膜をフッパなせ!!

釣られてしまった方、大変申し訳ありません。

当記事にADA製の高性能コンパクト油膜取りであるブッパは一切出てきません。

代わりに出てくるのはコイツです。

じゃん!!










GEX コーナーフィルター改w
GEX コーナーフィルター改、通称フッパ(笑)

逆さにして横のスリット塞いだだけですが何か?w
勝手にマネして勝手に名前も付けましたw


冗談みたいな外見ですが、、、


油膜が、、、
これが

油膜なくなりました
こうなりました

ブッパが発売された当初、ネットで気になる一文を発見。

『あれって投込み式フィルター逆さにしただけだろ?』

確かに、、、
水中モーターで筒の中に水を吸い込むのだから原理は同じ。

THE NATUREAQUARIUMのmasakiさんも自作やってたし、、、

手元にあったGEXのコーナーフィルターでも出来るかなぁ?ぐらいの気持ちでやったらこれですよ!



底以外の吸水スリットを塞ぐと、、、
吸い込む吸い込む。
10分も動かしてりゃ水面キレイになります。

まぁ外見は最悪ですけどねw

一応フィルターなのでつけっぱでいい人は利点として中にろ材が使えます。
自分は最初だけマットをちぎって突っ込んでましたが油膜がひどいときだけ活性炭入れて回してます。
あと普段油膜まみれでも来客前とかにだけ動かして誤魔化せるという使い方もw

コーナーフィルター自体そんな高いもんでもないのでブッパ欲しいけどお金が、、、って方は買うまでの繋ぎにどうですか?

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

tag : DIY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。