スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマトのその後とバックスクリーン

昨日の更新でヤマトが緊急事態だったことはお伝えしましたが

さすがに全員生存とはいかず1匹☆になってしまいました。

昨日は原因はおそらく部屋で殺虫剤を使ったことだろうと書きましたが、、、

もう一個でかいのありました。

最初に購入したリシアネットは同じ材質の重りが付いていたのでそのまま投入。

ショップで買ってきたリシアネットは当然ながらネットのみ。
一緒にするならこれにも重りが必要だなぁとしばし考えた後、釣り道具から釣り糸と『釣り用の重り』を持ってきて巻きつけ投入。

記憶が正しければ最初の騒ぎはこの夜。

釣りをする方は分かると思いますが釣り用の重りの材質は『鉛』。

ヤマトを始め、ミナミやビーシュリンプなどエビ類は『鉄』、『銅』、『鉛』などの重金属は厳禁です。
水中にあるだけで金属イオンが溶けだして?敏感なエビさんたちは密室毒ガス状態で耐えられません。

水草を買ったときに巻いてある板重りを外しましょうというのはこの為。

特に『鉛』は人間にも毒性があるので釣り人で鉛製重りを噛んで付ける人は鉛中毒になって死亡するケースもあるとのこと。

って訳でたぶん原因として一番濃厚です。
エビが重金属に弱いってのは知ってたけど釣りの重りが鉛ってのはすっぽ抜けてて大惨事。
死んでしまったヤマトさんたち、ごめんなさい。


ここからはバックスクリーンの話。
バックスクリーンって言うかシート貼った訳じゃないから背景?

前々から考えてたことを実行したのでちょっと報告がてらUPです。

バックなし
今までの背景扉

バック黒
なんちゃってバックスクリーン黒
これ実はバックスクリーンじゃなくてスーツ買った時のカバーを洗濯ばさみでとめただけ(笑)
黒にしたらどうなるかなぁってのが見たかったんですが以外にもジャストサイズ(笑)

バック白カーテン
今現在。
背後の扉に伸縮性のカーテンレールを取りつけて白いカーテン付けました。
本当は白い壁だと一番いいんですがとりあえずカーテンで妥協。

クリアブルーや黒のバックスクリーンも考えたんですが以前他の方の水槽写真を見たときに背後が白い壁で水槽が凄く綺麗に映えていたのを見て自分もそうしようと思っていたので実行してみました。

写真だと変わらないですが水槽が一番明るいです。

自分が思うに白いので照明を反射しやすく、背後と距離が開くため明るく透明感のある感じに見えるんだと思います。

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆
スポンサーサイト

tag : ヤマトヌマエビ リシア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。