スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍王石の追加

相変わらず迷走中の60cmレイアウトです。

左奥をオーストラリアンドワーフヒドロコティレで埋め尽くしたいんですがどうにも思うようにいかない。
なんとかしてこんもりしたオークロの小山をつくりたいのですがいかんせん高さ、ボリュームが出ない。

そこで前回までのレイアウトをAqua Revueの店長さんに一度見てもらうことに。



さすがプロ、アドバイスもらえましたよ!

その結果、



龍王石追加
龍王石を1つ追加。
高さを出すためにソイルを更に盛り土台底上げ+石でオークロが絡みつけるよう芯を配置という作戦です。

ヘアーグラスが伸び放題
全体。

ヘアーグラスがエラいことに、、、、
しかもリシアが育ちすぎて石が1つ埋もれてしまい見た目偶数個という。(本当は7個)

ん~、どうしたもんか、、、

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


↓順位上昇のためにもぜひともクリックお願いします(><)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

tag : 龍王石 ヘアーグラス オーストラリアンドワーフヒドロコティレ

コメント

No title

おはようございます

石一つでだいぶ印象変わりますね(^^)
さすがプロの助言はすごいです
ところで初心者丸出しの質問ですがレイアウトで石を使う時は奇数がいいんですか?

No title

お~~~と

だいぶ印象が変わりましたね!
しかしリシアの気泡・・・
これはたまらんですね!レイアウトも大事ですが
いきいきした水草!これが一番ですねv-407

>ogaさん

そうですね、両奥は高さが欲しかったのでより輪郭がはっきりしたと思います。
ADA方式で一般的に言われてることですが石組みは基本が一番大きい親石、それより少し小さい副石、それらとバランスをとる添石という3種の石使った三尊石組みとされます。
それをベースに石を配置していきますが偶数個だと奇数個に比べバランスが整いすぎて不自然に見えてしまう場合が多いようです。
なので偶数個が絶対ダメというわけではないですが奇数個が一般的なようです。

>ChayaEbiさん

もう最初のレイアウトと別物ですねw
リシアが元気なのは結構ですがヘアーグラスが元気すぎましたw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。