スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはどれ派?

ずっと忘れてた比較ネタを思い出したので更新w

水草水槽をお持ちの方は大半がCO2の強制添加をされていると思います。
添加しないと成長に支障をきたすものからないよりはあった方がいいく程度まで水草に合わせて添加量も様々ですね。
過添加はもちろん場合によっては水質にも若干の影響を与えるので生体によっては水質も気になる所。

そうなってくると気になってくるのがCO2濃度。

それが視覚的に判断できたら便利ですよね^^

有名なのでADAからドロップチェッカーが出てますが他にもあるって知ってましたか?

まぁバブルカウンターとかpHメーターとか検査試薬(紙とか試験管で測るやつ)とかあるんで持ってる人はそんなもんあるんだぁぐらいで読んでいただけると幸いです。

持ってるもの持ってないもの含めて独断と偏見の感想付きで3つご紹介。
ドロップチェッカー
ADA ドロップチェッカー/値段 3,675円
ガラス製で非常に綺麗。反面汚れたときの反動が大きいのと値段がADAなのが残念。
CO2の添加量によって中に入れた試薬の色が変わるという仕組みですがうちでは添加してようがしてまいがほぼ色変わりません。(うちの水質のせい?)
うちではCO2ディフェーザー等は一週間程度で洗浄ですがこいつは二週間程度は大丈夫かと。
スポイト、透明キスゴム×2、灰色キスゴム、専用試薬(約150回分)、試薬色判定用紙が付属します。
CO2長期測定試薬
セラ CO2長期測定試薬 15mL/ 値段 1,820円(チャーム価格)
スイマセン、これは持ってないので情報ないです。
でも試薬を入れて水槽内にキスゴムで固定して使用なので効果はドロップチェッカーと同様のようです。
ミニCO2インジケーター
ライフホールディング ミニCO2インジケーター/値段 1,110円(チャーム価格)
上記の2つは水槽の水+試薬を本体に入れますがこちらは試薬のみを使用し水槽内にキスゴムで固定。
違いとしては上記2つが水槽の横面に設置するのに対してこれは正面のみとなります。
最大の欠点はやっぱり水槽前面にキスゴムをつけないといけないこと。
あと本体全体がプラスチックで裏面が白なんで結構汚れに弱いです。
専用試薬、試薬色判定シール、白キスゴムが付属。
ミニCO2インジケーター(シールなし)
下の色判定シール(カッコ悪ッ)なしだと白いキスゴムが丸見え。
CO2インジケーター(キスゴム変更)
なので適当な透明キスゴムに付け直したんですが、、、
やっぱりまだ目立ちますよね(汗)
一応利点として向きだけは自由自在。
(※内部上にあるスリットが上にないと空気が抜けて試薬が水槽内に混入します。)
ミニCO2インジケーター(横付け)
んで最終的に行き着いたのがこの横付け。
100均で売ってる横穴キスゴムに差し込んだだけですが自分ではナイスアイデアだと思ってます☆
ミニCO2インジケーター(横付け2)

比較ってゆうかみなさん本家のドロップチェッカーが一番いいことは分かりきってるんでミニCO2インジケーターの紹介になっただけでしたねww

セラのCO2長期測定試薬はこの記事書く前に見つけて知ったとこなので本当になんも知りませんがとりあえず高いし3つの中では正直一番ないなと思ってしまいました。

まぁCO2濃度自体気にするのは最初の頃だけなんでこんなのお飾りですよねw
ドロップチェッカーも持ってるけど今は使ってないってのよく聞くし、、、

ADAは嫌い!とかドロップチェッカーは高いけど濃度はちょっと気になるっていう方で洗浄の手間が増えてもいいなら使ってみては?w

むしろうちのやつどっちも色変わらないんで効果あるのか使用したレビュー聞きたいですww

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

tag : ADA

コメント

No title

やっぱり、ADA派ですね。
高いので手は出せませんが、それがたまりにたまったら購入する! かもしれません。

現状なしですね。
あの試薬って、たぶん、理科で習うBTB溶液ですよね。二酸化炭素が溶けたら酸性に傾き、黄色になっていくという。

No title

うちではADAのドロップチェッカー持ってますが、

「ドロップチェッカーも持ってるけど今は使ってないってのよく聞くし、、、」
まさにこの通りになっています^^;

色が変わらないとのことですが、CO2添加量が少ない為ではないでしょうか?
添加量少し多すぎかな?っていうぐらいで色が変わる気がします。

No title

ドロップチェッカーはデザインがかっこいいですね!でもトータルで考えるとライフホールディングを買うと思いますwやはりネックは価格ですが、そこまでかっこ悪くない(イシマキさんの横置きにした場合)ので。あと小さいので60以下でも良さそうですね!

>Moriさん

ですよね~ww
正直アクセサリー要素強いんでこれ買うくらいならまだ先にリリィパイプとか買うことをオススメしますw
恐らくBTB溶液で間違いないかと!

>tomoさん

もう習慣化してるんで別に苦でもないんですけどいちいち洗うのめんどくさいし水景によってはちょっと邪魔ですもんねe-330
90の方はミキサー+1秒3、4滴ぐらいなんですけどあんま変化は感じないですね~
反対側つか水槽全体にうまく拡散してないのかな?
まぁ色が変わらない=適正量だから問題ないっちゃないんですけどねw

>なんかへんダーソンさん

ライフホールディングのは値段3分の1なんでなんてゆうかお試し版ですねw
ドロップチェッカーお蔵入りさせるくらいならこっちのがまだ被害少ないですからww

No title

こんばんは。

前にCO2濃度の試薬を購入して、測定しましたが。。。
結局は。その時1度だけでした(笑)

あまり気にすることではないのかもですね。
けど、
ドロップチェッカーはオサレェェ~~ですよねぇ~♪

No title

ADAのドロップチェッカーあこがれます。
今回イシマキさんのライフホールディング のつけ方をみたら、そっちでもいいかなって思えるようになりましたw
あのつけ方なら、なかなかオサレですね!
ただウチは2~3秒一滴くらいなので、色変わらなそうですw

>santakurippuさん

ぶっちゃけ視覚的に水草が気泡だしてりゃ自分としてはそれで満足なんですよねw
バブルカウンターさえあれば実際事足りるってゆうww

>まぷたんさん

ない頭振り絞ってあみだした自信作ですww
ただ最近ドロップチェッカーもライフホールディングの方も内部に結露がついてちょっとう~ん?って感じになってますw
色変わらないのは適正値だからいいはずなんですけどなんかつまんないなぁって思っちゃいますよね(><)w
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。