スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酸欠事件

60cm水槽にバイオレットグラスを装着してから4日目の朝。

事件は起きました。

というか起きていました。

休日だったので朝(というかお昼近くに)目覚めいつものように水槽をチラリ。

90cm、いつも通り。

60cm、いつもどお、、、、



なんか浮かべてるアマゾンフロッグピットに黒っぽいもんがいっぱい見える?

屈んでちゃんと見てみるとミナミヌマエビが大量にしがみついてる、、、

その奥でお魚ちゃんたちがみんな水面で口ぱくぱく、、、
酸欠
視線を落としてみると、、、
酸欠大量死
地獄絵図。

はい、見事なまでの酸欠でございます。
前日までは本当に何もなかったんで本気でパニくりました。

トイレ行きたいのも忘れて即効エアレーションぶち込み残りの子たちはなんとか事なきをえましたが被害は結構深刻で上記でもわかる通りミナミヌマエビが稚エビ含めておそらく半分近くも落ちてしまいました。
魚の方はみんな頑張ってくれたらしく酸欠による被害はなかったと思われます。
曖昧なのはバルーンプリステラが1匹落ちてたんですけど水草の奥で骨になってたんで違うかなと。

一応自分なりに考えてたどり着いた酸欠原因なんですが排水をバイオレットグラスに変更したことが大きな要因だと思われます。

バイオレットグラスは基本斜め下に向かって勢い良く水が流れます。
その際に水位の高さによってはまったく水面が揺れない状態になります。
事件前は水換えをしたばかりということもあり丁度この状態でした。
これにより水面が揺れず水槽内の酸素供給がストップ。
これが要因1。

そしてタイミングが悪いことに事件前数日間は諸事情によりCO2の添加を止めていました。
知っての通り水草は光合成をすることによって酸素を水槽内に供給してくれますが夜は逆に呼吸によって酸素を消費してしまいます。
水面の揺れと光合成による酸素供給が断たれた状態で水槽内の全ての生態が酸素を消費していれば酸欠になるのも当然です。

そもそも自分は今まで24時間排水パイプで水面を揺らしていたので夜間エアレーションの必要性を感じていなかったのですがこれって重大なことだったんですね。

悪い偶然が重なってしまっただけとも言えるんですが管理者として至らなかったと反省しました。

これからは夜間エアレーションを徹底すると決めたのはいいのですがストーンを水槽内に入れっぱにするのも夜だけ放り込むのもどちらも嫌ということで、、、

ショップで材料を調達してきました。
インライン材料
買ってきたものはCO2マイクロストーン、逆流防止弁。
透明ホース、Tジョイントは以前チャームでポチったものの余り。
あと写ってないですけどシリコンチューブが少々必要です。
さて自分が作りたいものが分かったあなた、お前はバカか?と早々に気がついたあなた(特に後者に気づいた方)は中・上級者さんですね。
インライン制作工程
逆流防止弁に短く切ったシリコンチューブで『CO2ストーン』を取り付けます。
インライン制作工程2
そいつをTジョイントに突っ込みホースで接続。
はい、あっという間に自作CO2アドバンスマスターの完成です。
もうお気づきでしょうが自分が作りたかったのは酸素用のエアマスターアドバンス
これはこれですごいやくに立つんですよ。
なんてたって水槽内に添加器設置するよりCO2のロスが少ないんだから、、、

でも今必要なのはこれじゃなくて酸素用の泡を水槽内に流し込めるエアマスターアドバンス

設置するまで全く知らなかったし気がつかなかったんですけどCO2ストーンって圧力の差なのかエアポンプに繋げても泡出ません、、、Orz
よって失敗。
分解してマイクロCO2ストーンをプラストーンに変更しました。
以下完成品
インラインエアレーション
インラインエアレーション2
他サイトでエアポンプはパワーのあるものじゃないとダメだとありましたが小型のものでもちゃんと泡が出ています。

後日、せっかくなので90もインラインエアレーションにしようと思い材料を買ってきたんですが、、、
インライン材料その2
前回と違うところは今回は前回の反省から最初からプラストーン準備、Tジョイントがチャーム製12/16ではなくエーハイムの12/16なこと。

そしてまた微妙に残念な失敗が起きました。
前回使用したチャームのTジョイント12/16は余裕で入ったのにエーハイムのTジョイント12/16にプラストーンが入りません

Tジョイント内に入れるのを諦めれば済む話なんですが中継ホースを切断した後だったので悩んだ末、プラストーンなしの逆流防止弁ダイレクト噴射にしてしましました。
インラインエアレーションその2
ちょっと心配ですが自分の外にもやってる人がいるのでまぁいいか的なwww

今回は材料写真と完成品が違っていたりと色々酷いですのでもし万が一真似しようと思う方がいたらご注意ください。

ランキング参加
↓クリックしてもらえるとイシマキのやる気が出ます☆


にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

こんばんは。

うちでもエアレーションは、インライン化でしてます。
ちなみに、エアレーションのほうは、同じくストーン無しで逆止弁だけでやっていますが、問題無くエアーが出てきていますよ!

しかし、一夜にして酸欠っておこるんですね!
注意しないといけませんね。

No title

酸欠は恐ろしいですね。。。エアレーションは効果がちゃんとあるんですね。

インライン化ですが、イシマキさんのようにDIYに自信がないので、エアーマスター買っちゃいました。安心をお金で買いました。一つ2600円くらいでしたが、まあ、いいかなという感じで。

自分でいろいろとできるといいんですけどね

No title

酸欠・・・怖すぎですね。

うちでは、夜間タイマーでエアレーションしてますが、かなり大事なことだったんですね。

CO2マイクロストーンの画像で気付いてしまいました!
それだと泡がでないなと^^;

No title

酸欠がそんなに恐ろしいとは知りませんでした><;
生体水草のほかにも微生物とかも相当増えたのかな??
エビさんも水面近くに足場があるともっと違ったかもですが残念ですね;;

因みに逆流防止弁信じないほうがいいですよ
2個つけたり水位よりはるかうえにエアポンプおいたほうがいいかもです。
うちの防止弁全く防止してくれない奴もちらほらw

No title

うはー、コワイ光景ですね;;そりゃトイレ行くのも忘れますw
ウチはエアストーン入れっぱなしで夜間エアレしてます。
水草に隠れて目立たないレイアウトなら気にならないですが、そうじゃないとちょっと気になりますよね。

>santakurippuさん

やっぱり特に問題ないみたいですね^^
多分一夜ってゆうよりはジワジワきてて限界越えちゃったって感じだと思います。

>Moriさん

めちゃ怖いです↓
半信半疑というかいくらADA推奨でも書いてあること全部正しいわけじゃないとかたかをくくってたらこの有様ですw
いや、これ材料さえあればマジで3分くらいで出来ますよww
材料費も1000円かからないですし。
元々工作系は好きなんですけど自分の場合は不器用なんでイマイチな完成度にしかなりませんがそれなりに節約になると思いますよ^^

>tomoさん

水草が多くて生体が少なければやらなくていいってありますけど多くは夜間エアレーション推奨ですよね。
自分は今まで一切やってなかったんでかなり衝撃でした!
流石です^^
手持ちのどのエアポンプに繋げても泡でないんでまさかと思って分解してポンプダイレクトで泡出ないの見るまで全く知りませんでしたww

>ちびえびさん

有茎草がいっぱいの水槽なんで多分水草が光合成できずに生体全てが酸素消費し続けた結果なんでしょうね。
マジですか?!
それはメーカーでですか?
それとも試用期間で??
とりあえず気をつけます!

>まぷたんさん

もう残りを生かすのに必死でしたよww
自分がストーンぶち込むの嫌な理由は泡の破裂で細かい飛沫が水槽の縁につくのと音がうるさいってのが大きいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。